自信がないまま生きていくのは嫌じゃない?まだ間に合う大人の3倍印象アップ術

自己啓発

こんにちは

脳活音読インストラクター なおです🌷

突然ですが、あなたは自分に自信ありますか?

いつでも自信たっぷり、怖いものなんかない、恐れる人もいない

人見知りもしないし、外見も中身も完璧さっ!🌟

なんて言えたらいいですね〜

自分に自信がない人の考え

そうは言っても、一般的に「自分に自信があるか?」と聞かれたら「ない」って答える人が多いですよね

本当は自信あっても、あんまりギラギラ自信が満ち溢れていると、周りから浮いて嫌われるんじゃないかって思ったりもするし

小さい頃から今まで、これといって目立つ活躍をしてきたわけじゃないかもしれない

 

どうせ私なんて

何やってもパッとしないし

何回やっても同じだし

いつもと同じ、普通が落ち着く

変わったことはしたくない

みんなと一緒が安心

そんな1日1日が過ぎていって何年経ったのかしら?

もし、そう思っているのであれば

なんてもったいないんでしょう!

自信がないまま生きていくのは嫌じゃない?

本当はあなたにも好きなことがあって

今は諦めてしまったかもしれないけれど、やりたいこともあったしそれに関しては他の人よりもちょっと自信があったのかも

でも、現在はそれとは全く関係ない毎日を送っているのでは?

会社員かもしれないし、結婚して主婦になってる?

 

今更、それを取り戻せるかどうかは、あなたにしかわからないことだけど

今あなたが何歳だとしても気持ちと勢いさえあれば自信を取り戻してチャレンジできるかもしれないよ

まだ間に合う!

このまま自分の気持ちがくすぶったままたった一回の人生を終わらせるのか?

勇気を出して何か始めるか!

自信をつけるのにまずは知っておいて損はしないことの一つにメラビアンの法則があります

メラビアンの法則って?

メラビアンの法則はアメリカの心理学者アルバート・メラビアンが提唱した概念のこと

話し手が聞いている人に与える影響力は

視覚情報が55%

聴覚情婦が38%

言語情報が7%

であると言う法則

見た目や表情や仕草が印象の大半を占め、声のトーンや話し方に影響を受けるが、話し手が話している内容については7%ほどしか印象に残らないと言うことです。

衝撃的な法則なのですが、面接やプレゼンテーションなど、人の前で話をしなくてはならない時にはとても参考になる内容ですね

一目置いてもらえるようになるには、話の内容を吟味することも大事だけれど、まずは第一印象を磨くこと。

外見に自信がなければ、声を磨いてアピールすればいいんです

 

ただし、この説の解釈が違うと言う意見もあります

「この法則は話し手の態度と発言が一致していない場合に限り当てはまる法則である」と言う説です

明るい話をする時に暗い声で話しているとか、逆にネガティブな話題なのに必要以上に明るい声で話していて違和感を感じるような時、この法則を当てはめるということです

 

どちらにしろ、話の内容を疎かにしていいということではなく、内容も大事にしつつ、さらに自分にできることで高評価をもらえたら嬉しいですよね

 

好意を持っていなかった人でも、声を聞いたらすごく素敵に感じることってあるでしょう!?

顔や、服のセンスに自信がないあなたも、外見を磨くことより早く改善できるのはまず

声は毎日出していることで確実にボリュームも出るし、磨かれていきます

普段は近い距離でしか声を出していないから気づかないけど、意外と自分の声って他人に届いていないことがあります

しっかり聞き取れる声を持っていると、それだけで一歩二歩三歩ランクアップできます!

知っていると知らないのとでは大きな違い

3倍印象アップするためには声を鍛えて、しっかり話をする習慣を身に付けるのがオススメですよ!

 

いつもあなたを応援しています

 

タイトルとURLをコピーしました