暑い夏 気をつけるべき高齢者の熱中症対策 「まだ大丈夫」は危険信号!

美容 お役立ち情報

こんにちは!毎日暑い暑〜い太陽がギラギラ容赦なく照らしてくる令和元年の夏ですね。いかがお過ごしですか?脳活インストラクターなおです。

外に出ると、いくら水分を摂っても足りないくらいで、帽子も日傘も欠かせませんね。お出かけする時は十分気をつけて!

今年は気温30度を超えるどころか35度を超える場所も珍しくなくなって避暑地と思われていた場所でも注意が必要です!

今年はこんなに暑い夏!

一体いつから夏がこんなに暑くなったんでしょう。

幼い頃は30度なんて聞くと最高に暑い特別の日だったような気がするのですが・・・。

気象庁が出す 「高温注意情報」は、翌日または当日の最高気温が概ね35度以上になることが予想される場合に発表され、熱中症への予防を呼びかけています。

外出や屋外での作業、高齢者、幼いお子さんがいらっしゃる場合特に気をつけるよう、水分をこまめに補給冷房を適切に使うなど対策を立てて暮らすようになど注意を促しています。

今日も何箇所か35度を超えている地域があるようです。自分は大丈夫なんて思わずに早め早めの水分補給に心がけましょうね。

気をつけるべき高齢者の過ごし方

中でも高齢になってくると、いろいろな問題が起きてくるようです。

暑くても部屋でエアコンをつけていなかったり、近距離だからと外を歩いて移動している最中に余りの暑さと水分不足で倒れそうになったり。

体感と実際の危機感がズレている場合が見られるので日頃から自分は大丈夫などと思うことなく細心の注意をお願いします。

私も今年のお盆実家に帰り、母のエアコン温度設定に驚きました。

やはり節電?節約のためもあるらしく、いつも私がつけている温度設定よりも高い温度での暮らしぶり。

もちろん扇風機との併用なのですが、さすがにこれからはもっと気をつけるように話し合いをしてきました。

いくら節約しても母自身が倒れてしまっては元も子もないですから。

喉が渇いたと思った時にはすでに遅い!って言いますよね。

喉が乾く前に時々こまめに水分と塩分を取ってくださいね。

子供と親が離れて暮らしていると毎日頻繁に電話することもできないことも多く、

でも家族は心配していますので、よく食べて、よく寝て、

元気に過ごせるようご自分でも気をつけましょう!

そこで、適切な熱中症対策が大事!

熱中症発生の要因は

  • 湿度が高いこと
  • エアコンを適切に使っていないこと
  • 睡眠不足など体調が良くないこと
  • 厚着をしていること

などです。これをそのまま対策すると

  • 湿度を適度に調整する
  • エアコンの設定温度を下げる
  • 寝不足にならず体調管理に気をつける
  • 気温にあった服を着る

ということになります。当たり前だけどそれができていない時に熱中症になってしまうんです。

「まだまだ大丈夫」なんて安易な考えは捨てましょう!

「まだ大丈夫」は「もう危険」と思ってほしい

「まだ大丈夫」って言うってことは、すでにもうやばい状態 汗

まだ大丈夫って言葉が出るのは、辛いけど我慢できる

もう少しで弱音を吐くくらいってこと。

普通に考えて、それってかなりマズイ状態ですよね。

大丈夫じゃない線を超えたらすでに危ない範囲に入ってます。

倒れてしまう前に、家族に心配をかけないためにも早め早めに対策ですよ。

冷たい氷や、夏の果物を食べて暑い夏を元気に乗り切りましょう!

そして、無理をせず、何かの時には1人で頑張らず、誰かに助けを求めてください。

 

最後までお読みいただきありがとうございます。みんなが幸せになりますように

タイトルとURLをコピーしました